「先生の白い嘘」タグアーカイブ

「先生の白い嘘」2巻の感想ネタバレ

「先生の白い嘘/鳥飼茜」2巻の感想ネタバレ

和田島は考えます。
セックスは楽しい、そして女の子は皆かわいい。

「先生の白い嘘」は、彼と友希のセックス場面から始まります。

そこに友希の母親が乱入してくるのです。

「彼氏!?」と問いかける母親に対して「彼氏じゃないですけど」と返す和田島。

ちゃんと避妊してますと母親に見せる和田島に対し、「ビンビンじゃーん」と笑う友希。

「いいから服を着なさい!」と呆れる友希の母親です。

帰り道女性とぶつかり、女性は荷物をぶちまけてしまいます。

それを拾いながら彼女とコミュニケーションを図る和田島。

市販の肩こり薬見つけ「俺のマッサージの方が百倍いいよ、おばあちゃんのお墨付き」と女性の心を掴んだようです。

「女の子は皆可愛い」そして和田島はその女性とホテルに向かった様です。

美奈子の婚約者である早藤にはある好みの傾向があります。

それは「処女が好き」である事です。

処女を言葉巧みに或いは暴力的に落とし掌握すると、次のターゲットを探しています。

そうやって処女を食い物にして渡り歩く一方で、婚約者である美奈子には気遣う振りをしながら手を出しません。

その裏で行為の最中に撮影した画像をネタに、美鈴を脅して抱くのです。

「きみはそんな事をしなくていいんだ」
そう言う早藤の言葉で美奈子は何か勘づいた様です。

美鈴にはこの脅し用のネタ画像が送られており、そして美鈴は新妻にこの画像を見られてしまいます。

新妻は社長夫人との一件から勃起不全に陥っており、DVDを見ても反応しません。

また成り行きで付き合い始めた彼女とキスをしてますが、自分の選択が間違っているとしか思えない様です。

にもかかわらず「先生の白い嘘」1巻で美鈴に強く責められたときに、そしてまたその言葉を思い出すたびに何故か勃起してしまいます。

美鈴の事が気になりだす新妻。
そして例の画像を見た事で美鈴を助けたいと思います。

そんな彼の気持ちを見透かしたクラスのアイドル三笠にこの事を話してしまいます。

美鈴に突然会いに来た美奈子。

彼女は何かに勘づいているのでしょうか、美鈴に対して「もしかして誰かにムリヤリやられちゃった?」と聞きます。

エンジョイセックスな和田島と次々と処女を狙う早藤、そして歪められたままの美鈴と新妻。

秘密を知った三笠は結構裏のある女子高生で、更に何かに勘づいた美奈子と3巻に修羅場を迎えそうな要素が揃い始めました。

和田島はともかく早藤には早めに鉄槌が下って欲しい所ですが、その前に美鈴が最初の危機を迎えそうです。

無料立ち読みOK!「先生の白い嘘/鳥飼茜」漫画のダウンロード

「先生の白い嘘」はパソコンなどのデバイスでお楽しみいただけます。

 

「先生の白い嘘」3巻の感想ネタバレ

「先生の白い嘘/鳥飼茜」3巻の感想ネタバレ

「もしかして誰かにムリヤリやられちゃった?」と問いかける美奈子に動揺する美鈴ですが、心配して聞いている訳ではないことに気が付いています。

高校生の頃朝の電車で触られていると相談した時、笑いながら被害妄想だと否定します。

また同級生に何故彼女と一緒にいるのかと聞かれます。

どうやら同級生の間では虚言癖があったりなど、ハブられている様子。

彼女は見下せる相手が欲しくて美鈴に近付いたのかも知れません。

そんな過去を思い出しながら美鈴は「全くないから安心して」と笑います。

さらに「昔から痴漢や下着ドロみたいなヘンな男に目を付けられやすいじゃん」「気を付けないと最初の男にどう扱われるかで女の価値が決まってしまう」と言います。

さらにここから虚言癖が炸裂するのです。

婚約者である早藤との夜の生活を、周りが引く様なレベルで話し始めます。でも美鈴は知っています、早藤は美奈子では勃たない事を。

早藤にレイプされる事で見下せる立場を与えられたのだと考えます。

「かわいそうな美奈子」クラスのアイドル三笠はみんなの前では優等生です。

でも裏では和田島とエッチなことを…。

エッチな事はしていますが処女である事に価値があると考えており、頑なに処女を守っています。

三笠とセックスしようとする和田島ですが、三笠は泣いて抵抗し結局セックスはしないまま和田島は部屋を出ていきます。

三笠には兄がおり、昔は三笠に暴力を振るうなどして三笠をコントロールしていたようですが、現在は部屋から出れず小さな穴から妹の部屋を覗き込む様な生活をしています。

三笠もまた兄という男性により歪められた存在の様です。現在は「男を逆にコントロールする」という復讐に燃えているようです。

そんな復讐の炎により見事コントロールされてしまった新妻。職員室で住所を聞いて、家に押し掛けてしまいます。

迂闊に新妻を家に上げてしまったのですがやはり怖い様です。

でも教師と生徒だから大丈夫だと自分に言い聞かせます。

新妻は先日の事を謝り「役に立つ」という事で美鈴に防犯ブザーを渡しますが、美鈴にその場で鳴らされるのです。

止めようとして馬乗りになり口を塞ぐ新妻、ただそれ以上はせずブザーを渡したまま家路につきます。

それから4日新妻は学校を休みます。

電話をすると、新妻は「先生が好き」である事「先生の敵が俺の敵」である事を告げます。

「男性が敵なら俺も自分を許せない、いなくなりたい」とまで言う新妻。そんな彼に美鈴は「私は私が敵なの」だから自分を許せないと告げるのでした。女性同士のドロドロ感が実に怖いですね。

表面的に相手を見下げている美奈子と、内面から相手を見下げている。美鈴の転がっていく先が心配です。

そんな彼女を支えれるかもしれない新妻ですが、彼もまた三笠によりどう転がっていくか先行きが分かりません。

「先生の白い嘘」の3巻は、エンジョイセックスと思いきや、和田島にも何処となく闇を感じました。

無料立ち読みOK!「先生の白い嘘/鳥飼茜」漫画のダウンロード

「先生の白い嘘」はパソコンなどのデバイスでお楽しみいただけます。

 

「先生の白い嘘」1巻のあらすじ

「先生の白い嘘/鳥飼茜」1巻のあらすじ

「先生の白い嘘」漫画の1巻のあらすじを紹介しています。

ネタバレや感想もあります。

人間を2つに分けたとして必ずどちらかが少しだけ取り分が多いと感じている。

そして自分は常に少し取り分が少ない方にいると美鈴は感じています。

彼女は高校の教師だけど、実は生徒にはあまり興味がありません。

友人との待ち合わせに時間通り来た美鈴に対し、友人である美奈子は10分遅れると言いながら25分遅れて登場します。

しかも彼氏同伴です。この彼氏の言動に敏感に反応する美鈴をウブだと笑う美奈子ですが、この彼氏である早藤と美鈴には過去に因縁があります。

ある日担任クラスの生徒である新妻に人妻との不倫の噂が立ちます。

学校や美鈴としては「やってません」の一言が望ましかったのですが、新妻の口から出たのは「バイト先の社長夫人と関係を持っている」との事でした。

「いつだって男のせいって思いますか?」と問う新妻に対して、「少なくとも私は絶対許さない」と厳しく責める美鈴。

彼女がこう激しく責める原因は4年前に遡ります。

美奈子の引越しの手伝いをしていた美鈴は、美奈代が買い物に行った僅かな時間に早藤にレイプされ処女を失ってしまいます。

それから早藤に逆らう事が出来ず、電話には出ない程度の抵抗はするものの行為を拒否する事が出来ません。

そしてその関係を今でも嫌悪感を持ちながら続けているのです。

それは美鈴が「私が女のせいで」こんな目に遭うのだと感じているからの様です。そして同時に「女から正しさを奪って女から自由迄奪ってしまえる」そう感じる男の存在を彼女は許せないのです。

4年前のレイプから心が傷ついてしまっている美鈴は、その原因を自分が女性である事に求めています。

そして同時にそれを強要できる立場の男性の立場が許せないようですが、新妻君もまた美鈴同様ある意味弱い立場にいると感じます。

この先2人は立ち直っていけるのでしょうか。「先生の白い嘘」のこれからの展開が気になります。

無料立ち読みOK!「先生の白い嘘/鳥飼茜」漫画のダウンロード