「3巻」タグアーカイブ

「透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記」3巻の感想ネタバレ

「透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記」3巻の感想ネタバレ

3巻(透明なゆりかご)の感想です。

今回の「透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記」では、重い話から始まります。

心臓病の先天性の疾患がある為に一度中絶経験がある夫婦に再び心臓に問題がある子が宿ります。

また中絶しようと決断を一度はするのですが、今回は産んでみようと考え直します。その時の旦那さんのセリフは胸にきました。

一度も父親の気分を味わえずまた子供を亡くす。それは女性からしたら意外と気付かされる部分だと思います。

結果重い疾患を持った子を出産するのですが、その時の家族の満たされた表情が漫画でありながら涙無しでは読めませんでした。

それと私の印象に残っているのは、突然死の話です。

筆者の知り合いの子供がある日突然、乳幼児突然死症候群によって病院に運ばれます。

昨日まで元気だった子が本当に突然です。泡を吹いて運ばれる様子が悲惨さを良く表していました。

その後一命をとりとめますが、意識不明の植物人間状態になります。

自分の子供がそんな状態になったらと読んでいてぞっとしてしまいました。

その子はしばらくその状態が続きますがある日延命治療の姿を辞めたという噂話を聞きます。

そしてある日、筆者があったお母さんはベビーカーにぬいぐるみをのせて子供をあやすそぶりをしていました。

一言に言って壊れてしまったのです。その姿はとても辛い姿でした。

立ち直れないお母さんは後日赤ちゃんを亡くした人達があつまるセミナーで救いを見つけます。

私は今までそういったものの話を聞いたことはありますが、経験が無いので、こういったものも必要なんだなと感じました。

「透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記/沖田×華」はスマホで読める漫画です。

電子コミックサイトなどで、「透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記」の立ち読み(無料)ができますので、試しによんでみてはいかがでしょうか?

ダウンロードも可!「透明なゆりかご」漫画をスマホで読む

「火ノ丸相撲」3巻の感想ネタバレ

「火ノ丸相撲」3巻の感想ネタバレ

部員5人揃えなければ廃部という危機も、元レスリング部の國崎とフルートをやっていた初心者三ツ橋の加入で乗り切り、関東新人大会が始まります。

マネージャーになりそうな匂いプンプンの佑真の姉は、まだなっていませんがちゃんと見学に来ている模様。

いいお姉さんですね。

この大会は、個人のトーナメント戦。ダチ高相撲部はどこまで行けるのか、初心者もいるのでちょっとハラハラします。

緒戦國崎は持ち前のレスリングで勝利を治めます。

レスリングが強いと相撲にも通じるとは、驚きました。

佑真も順当に勝ち上がります。ヤンキーの喧嘩力はなめてはいけませんね。

弱い者いじめだけをしていたわけではなさそうです。次はフルート三ツ橋ですが、矢張りあっさりと負けてしまいます。

しかし優しい部長が見るのも相撲だと言ってくれたことに奮い立ち、じっと部員の立会を見続けます。

これは何か彼の武器になりそうなヒントを見つけそうな予感がしますね。

鬼丸は「鬼丸殺し」とうたわれているポッキーボリボリ食べてるいかにも悪そうな下山倫平と当たりますが、昔にやられたとは思えぬ圧倒的な実力差で土俵に沈め、次の対戦相手はいよいよあの栄大付属の狩谷俊です。

狩谷俊に勝てば次はそう、あの横綱の正統後継者久世草介と当たることになっています。狩谷は鬼丸と同じ、いやもっと小柄な選手で、それ故に過去草介と当たったときに怪我をしてしまい、草介は学生相撲から身を引くことになりました。

狩谷は自分が草介に勝つことで、草介に自分はもう大丈夫だ、こちらに戻ってきてもいいと伝えたかったのです。

その為にはどうしても鬼丸に勝って、トーナメントを進み草介と当たる必要があったのですが…

はたして狩谷と鬼丸の勝負の結果はどうなるのか?3巻では、同じ小柄な体格の狩谷と鬼丸の戦いが「火ノ丸」 の見どころとなっています。

特に自分は小柄だが横綱相撲を取ってやるぞの鬼丸に対し、狩谷は小兵が小柄に生まれた者の相撲の生きる道だと信じています。

一般的にも小柄なお相撲さんは小兵相撲を取るものと私も思っていました。

しかしその相撲の常識を覆そうという気概が、草介を動かすことになります。

そして鬼丸のそういった気持ちの強さは、既に沢山の人を動かして来ていますね。

「火ノ丸」の勝負の結果だけでなく、何があっても上を向いて進んでいく主人公火ノ丸はとても魅力的です。

そんな彼がこれから相撲を通じてどの様に周りの人たちと関わっていくのか、心を通わせていくのか、続きがとても楽しみです。

「火ノ丸相撲」 3巻のダウンロードが、スマホの電子漫画サイトで行えます。

「火ノ丸相撲」 の1巻~最新ストーリーまで配信中ですので、オトナ買いでダウンロードするのもいいですね。

漫画のダウンロードはコチラ

 

「先生の白い嘘」3巻の感想ネタバレ

「先生の白い嘘/鳥飼茜」3巻の感想ネタバレ

「もしかして誰かにムリヤリやられちゃった?」と問いかける美奈子に動揺する美鈴ですが、心配して聞いている訳ではないことに気が付いています。

高校生の頃朝の電車で触られていると相談した時、笑いながら被害妄想だと否定します。

また同級生に何故彼女と一緒にいるのかと聞かれます。

どうやら同級生の間では虚言癖があったりなど、ハブられている様子。

彼女は見下せる相手が欲しくて美鈴に近付いたのかも知れません。

そんな過去を思い出しながら美鈴は「全くないから安心して」と笑います。

さらに「昔から痴漢や下着ドロみたいなヘンな男に目を付けられやすいじゃん」「気を付けないと最初の男にどう扱われるかで女の価値が決まってしまう」と言います。

さらにここから虚言癖が炸裂するのです。

婚約者である早藤との夜の生活を、周りが引く様なレベルで話し始めます。でも美鈴は知っています、早藤は美奈子では勃たない事を。

早藤にレイプされる事で見下せる立場を与えられたのだと考えます。

「かわいそうな美奈子」クラスのアイドル三笠はみんなの前では優等生です。

でも裏では和田島とエッチなことを…。

エッチな事はしていますが処女である事に価値があると考えており、頑なに処女を守っています。

三笠とセックスしようとする和田島ですが、三笠は泣いて抵抗し結局セックスはしないまま和田島は部屋を出ていきます。

三笠には兄がおり、昔は三笠に暴力を振るうなどして三笠をコントロールしていたようですが、現在は部屋から出れず小さな穴から妹の部屋を覗き込む様な生活をしています。

三笠もまた兄という男性により歪められた存在の様です。現在は「男を逆にコントロールする」という復讐に燃えているようです。

そんな復讐の炎により見事コントロールされてしまった新妻。職員室で住所を聞いて、家に押し掛けてしまいます。

迂闊に新妻を家に上げてしまったのですがやはり怖い様です。

でも教師と生徒だから大丈夫だと自分に言い聞かせます。

新妻は先日の事を謝り「役に立つ」という事で美鈴に防犯ブザーを渡しますが、美鈴にその場で鳴らされるのです。

止めようとして馬乗りになり口を塞ぐ新妻、ただそれ以上はせずブザーを渡したまま家路につきます。

それから4日新妻は学校を休みます。

電話をすると、新妻は「先生が好き」である事「先生の敵が俺の敵」である事を告げます。

「男性が敵なら俺も自分を許せない、いなくなりたい」とまで言う新妻。そんな彼に美鈴は「私は私が敵なの」だから自分を許せないと告げるのでした。女性同士のドロドロ感が実に怖いですね。

表面的に相手を見下げている美奈子と、内面から相手を見下げている。美鈴の転がっていく先が心配です。

そんな彼女を支えれるかもしれない新妻ですが、彼もまた三笠によりどう転がっていくか先行きが分かりません。

「先生の白い嘘」の3巻は、エンジョイセックスと思いきや、和田島にも何処となく闇を感じました。

無料立ち読みOK!「先生の白い嘘/鳥飼茜」漫画のダウンロード

「先生の白い嘘」はパソコンなどのデバイスでお楽しみいただけます。

 

「あさひなぐ」3巻の感想ネタバレ

「あさひなぐ/こざき亜衣」3巻の感想ネタバレ

某有名グループが出演している実写映画「あさひなぐ」は、こざき亜衣さんの漫画です。

2017年9月下旬公開の映画オフィシャルサイト
http://asahinagu-proj.com/

こざき亜衣原作の「あさひなぐ」漫画は各コミックサイトで配信中です。
http://www.animatebookstore.com

電子書籍なら、無料の立ち読みができます(ダウンロードも可)。

キャラクターそれぞれに個性があってその個性がそれぞれ違っていて登場人物がきちんと書き分けがされているのが良いと思います。

「あさひなぐ」の最初のほうで、

紺野さんが薙刀部が入ってはいけないとされてきたチアに入ってしまったところとか面白かったです。

わたしなら絶対やめるけどチアを続けるところもさっぱりしていて好きです。

主人公の旭が真春先輩の弟と出会ったシーンはドキドキしました。これから恋に発展していったらいいなと思いました。

あっという間に体育祭が終わり、「あさひなぐ」3巻の後半は尼寺での合宿がメインです。

副住職の重慶と出会い、厳しい合宿が始まりました。今までのほのぼのとした雰囲気から一気に厳しい展開になりました。

手にまめができたり、足の皮がめくれたりしながら過酷な練習に取り組んでいきます。私も部活動をしていたのでその頃の気持ちが思い出されました。

それぞれ個人に合わせた練習メニューが組まれ、初心者の旭は薙刀を持たせてもらえずに掃除と水くみをさせられます。

女が強くなるには男と同じやり方ではだめだという寿慶。

女という生き物はずるがしこい生き物で、自己防衛本能が強く、本当の限界が来る前に無意識に自分でブレーキをかけてしまうのだそうです。

それはなんとなく私も自覚できました。

部員たちはくじけそうになりながらも頑張っているのが印象的で、このシーンは「あさひなぐ」で勇気づけられました。

漫画「あさひなぐ」は、スマホで無料で立ち読みができますので、試しに読んではいかがですか?

「あさひなぐ」漫画の無料立ち読み(ダウンロードOK)