「1巻」タグアーカイブ

「私、16時間イカされました」1巻の感想

 「私、16時間イカされました」1巻の感想

ユウキHB作の「私、16時間イカされました」1巻の感想になります。

同級生から恐がれている佐々木恵と、想像力豊かな裕太郎の関係性が良いです。

喋らなければモテそうな女子学生がいますが、恵はそんなタイプです。

顔を知って数年しか経過してない友人が距離を置くほどなのに、裕太郎は幼なじみという理由でずっと付き合ってきたようです。

女にしては凶暴だし、やかましいので関わりたくないと拒絶してしまいますが、それでも、巨乳で体が成熟しているから、性的な目でしか見れなくなってます。

作中では、ガードの固かった恵が、興奮させてしまう事を言ったせいで、急展開になってます。

お金を出してまでおっぱいを揉みたくなるのは理解し難いですが、男子ならやりかねません。

育ち盛りの学生なら尚更ですね。案の定、裕太郎が16万円もの大金を出して佐々木恵の体を貪っていました。

デカい乳を揉みほぐしたり、股間を擦り付けてビクつかせたりと、思う存分できてるなぁと思いました。

1巻だから、ちょとずつ進んでいくのかなと予想していたら、早い段階で大胆になっていきます。

人との馴れ合いが好きそうでない処女が、性欲盛りの童貞に、欲求のままの奪われていくのか焦点が当てられます。

恥ずかしい姿を見られたくないから拒絶していたり、ふと見せる愛くるしい顔は萌えるはずですので、チェックすべきです。

画力は普通でしたが、構成がお上手なので、ユウキHB先生の漫画は外れが少ないと思います。

4作品ほどありましたので、コンプリートもしやすいのではないでしょうか?

「私、16時間イカされました」の1巻は、電子書籍サイトで販売されていました。

比較的どこでも配信されてますので、いつも利用中のサイトから手に取ってみましょう。